スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石けんの本

2010年03月28日 19:24

またまた図書館で借りてきました。
私は石けんの本♪

石けんのレシピ絵本石けんのレシピ絵本
(2002/02)
前田 京子

商品詳細を見る

先日買った石けんの本と同じ作者です。
綺麗な石鹸がい~っぱい載っています。
”絵本”というタイトルがあってるなぁと納得。
使っているオイルの種類が多いし、精油もジャンジャン使っていて
高価な感じ。
初心者の私には、お値段的にも手が出しにくいですが
いつかこんなのも作れたら素敵ですね~

肌に髪に「優しい石けん」手作りレシピ32肌に髪に「優しい石けん」手作りレシピ32
(2001/05)
小幡 有樹子

商品詳細を見る


こちらは違う作者です。
パームオイルの代わりに、ラードを使ってる所が材料集めがしやすそうです。
キャノーラ油とかも使ったレシピがあり、作者さんによって考え方も様々だなぁと面白かったです。
マーブル模様の出し方とか、2段レイヤーの作り方とかも載っていて
作ってみたい熱が上がります。
マーブル模様のパウンドケーキみたいで、美味しそうなのです。

緑色の石けんも載っていました!
グレープシードオイルって酸化しやすいらしいのですが
色が素敵でいいなぁ~

それから、「バスフィズ」っていう
お風呂に入れるとシュワシュワと泡を出す入浴剤の作り方も載っていました!
面白そう~っ
材料に”ウォッカ”ってあるんですが、これってあのお酒のなのかな?
余ったらの使い道が・・・・・

息子のお気に入りはこちら
時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで
(2005/05/24)
香川 元太郎

商品詳細を見る


真剣な顔でやっています。
かわええ(^v^)

そして息子は先日テレビでやった”ドラえもんスペシャル”を毎日のように観ています。
よく飽きないなぁ。
正直かあちゃんは飽きてきたよぅ
スポンサーサイト


コメント

  1. matsu-emi | URL | XVgCdbeE

    石けん、、

    わたし、、、石けん作ってみたいんですが
    材料、道具、乾燥、保管、難関多すぎて
    テが付けられずにいます(´ヘ`;)
    息子2匹は肌が弱いので
    手作り石けんの方がいいかな~と思うし。
    全くの初心者でも気軽に作れますかね~?

  2. もものはし | URL | s5RVRKAk

    matsu-emiさんへ

    こんにちは。
    matsu-emiさんも石けん作りに興味があるんですね♪

    珍しい種類のオイルを揃えるのが一番難関ですよね~
    私もそれでやりたいと思ってから実際作るまで長い間かかりました。
    「お風呂の愉しみネットストア」というお店を教えて頂いて、オイルミックスを買って勢いがつきましたよ。
    オイルを計らなくていいので、とっても楽です。

    私がやってみて思ったのは、一番はやっぱり
    苛性ソーダの扱い方を間違え無い事ではないかと。
    テキスト本に従って扱いました。
    そして、息子が夜寝てからや、幼稚園でいない時に作りました。
    そうしないと気が散ると危ないと思って。

    石けんのタネも同じく危ない物なので、保管場所も絶対子供が触らない場所を見つける!(私はシンクの下に隠し、やけどするから絶対開けないように説明しました)
    この二つで初心者の私でも大丈夫でしたよ。

    まだまだ始めたばかりなので、あまり参考にならないかもしれませんが(*^_^*)実はうちの息子も乾燥肌でカサカサなので、手作り石けんで少しは良くなるといいなぁと思っています。
    matsu-emiさんもチャンスがあれば是非。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://momonohasi.blog95.fc2.com/tb.php/341-9b59eaae
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。