スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿列布米石けん

2011年04月26日 09:38

最近内職がお休みなので、ここぞとばかりに石けん作り♪
早速買ったばかりの米油を使ってみました。

米油入り

米油    130g
オリーブ油 126g
ココナツ油  63g
ココアバター 35g

NaOH(DC10%) 46g
精製水         97g
月桃汁         43g

はちみつ  t2
精油 ラベンダー、ローズマリー、パルマローザ、ローズウッド

何故こんなに半端な数字かといいますと、苛性ソーダが46gしかなかったのです。
買い足してから作ってもいいのですが、1年ちょっと前に買ったものだったし
一度使い切ってしまいたくて苛性ソーダに合わせてオイルの量を計算しました。
オリーブオイルも半端に残っていたものがあったので、米油とハーフハーフです。
その為トレースが早いという米油の特徴が分かりませんでした~(@_@;)
あらら

そして乾燥させずに少しだけ取り分けておいた月桃の葉のしぼり汁(汁ってなんかお洒落じゃないけど、他になんと言っていいか分からなかった)も入れました。
ところが、我が家の弱々フードプロセッサーではあの固い葉が粉砕できなくて
仕方がないのでスリコギで潰してちょっとだけ水を入れてみました。
明らかに成分が薄まってますなぁ・・・・

後入れではなく精製水で苛性ソーダを溶かしてから、汁も苛性ソーダ水に混ぜました。
綺麗な緑色の溶液でしたが、オイルと混ぜるとどんどんベージュ色へ。
不思議~(^v^)化学反応って面白いですね♪
石けん作りでこうゆうの見るたびに、学生の頃の信号反応の実験(色が信号みたいにどんどん変わるやつです)を懐かしく思い出します。

香りはこんなに種類を混ぜたの初めてでしたが、ビギナーズラック?
好きな香りになってます。


写真の奥に写っているのは、やっと買った温度・湿度計です。
パームオイルが買いたくてネットショップを見ていて、見つけました。
シンプルで実用的。こうゆうの好きです。

買ったお店はこちら↓
手作り石けん材料と道具のお店 Cafe de Savon -


これも買いました




今までずっと前田さんの本に乗っていたビンを使って苛性ソーダ水を作っていたのですが
これが重くて使いにくかったのです・・・・確かに液は少しづつ出て良いのですが。
こちらを使ってみたら持ちやすくて、オイルと混ぜる時も手が楽でした。
それに割れる心配もないし。
道具には全くこだわらない方だと思うのですが、これは変えたかったので嬉しいです。
スポンサーサイト


コメント

  1. tsubaki* | URL | -

    Re: 阿列布米石けん

    こんにちは。
    月桃葉しぼり汁(笑)の石けん、とっても優しいベージュにあがってますね。香りも私の好きな精油たち。パルマローザの石けん好きです~i-236
    わざわざお母様が沖縄から送ってくださった月桃で作った石けん、是非、母の日に・・・。

  2. もものはし | URL | lMBqkpAs

    tsubaki* さんへ

    こんにちは(^v^)
    パルマローザ素敵な香りですよね。私も大好き。
    4週間乾燥させた後も、香りが残ってくれるといいのですが。

    母の日に…そうですね!
    解禁日が間に合いませんが、遅くなっても必ず母にも贈ります。インフューズドオイルの方も上手く出来たら送りたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://momonohasi.blog95.fc2.com/tb.php/388-1cc75732
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。